どうやったらいかせられる? 女が喜ぶ膣の攻め方/女が感じるセックスとは

中イキさせられる男とさせられない男の違いはなに?女の性感帯Gスポットを攻略してたっぷりと中で感じさせよう!

どうやったらいかせられる? 女が喜ぶ膣の攻め方

スタートは激しくしない

ホテルに行ってシャワーを浴び、「さあエッチの幕開け!」そう思っていきなり胸を激しくもんだり、いきなり膣に指を突っ込んで激しく動かす。そんな独りよがりのエッチをしてしまう男性は意外と少なくありません。

しかし女性はいきなり激しく攻められても萎えてしまうし、好きで好きでしょうがない時ならそれが「愛おしい」と思っていても冷静になって考えると「あいつ余裕のない男だったな」と幻滅されてしまうことがあります。

まずはイチャイチャ時間をたっぷりとり、股間を触るときもいきなりがっつり触るのではなく、触れるか触れないかくらいのソフトタッチをし、相手の反応を見極めながらクリトリスを刺激したり膣の中に指を入れたりしてあげましょう。

一気に気分を高めることを避け、ゆっくり高みへ届けるというのが大事です。一度入れた指をすぐに抜いたりして相手に「物足りなさ」を感じさせるのもテクニックの一つです。じらしながら俯瞰的に相手が何を求めているのか観察してみるといろいろな発見ができます。

はやる気持ちを抑えて全身をせめて膣を湿らせてから指を入れたり舌を入れたりしてこねくり回す。そういった余裕とじらしを実践してみてください。

激しい攻めはここ一番で

AVを見ていると男優が手を一生懸命動かして女性に潮を吹かせるというシーンが多々あります。そういうこともあり「激しく手を動かせば女性は喜ぶ」と思っている人は少なくないのではないでしょうか。

実はこれは大きな間違いです。膣内を激しく手や舌で攻めるのを良しとしない女性も少なからずいます。さらに指を二本入れて太さを出したほうがいいと思っている人もいますが、これも人によって異なります。一本指がいい女性、一定のストロークが好きな女性、不規則な動かし方が好きな女性がいるのです。

ですが男性心理として「激しく攻めてひいひい言わせたい」と思う気持ちもわかります。なので激しい攻めはここ一番という時に取っておいてください。女性の気分が高まった時に一気に激しく膣を刺激してあげるとさらに乱れることが多いです。

さらに女性を攻め倒したいというのであれば「もう無理!」と言われてからが本番だと思い、そこから激しく攻めてみましょう。もしそこで「痛い」というのであればそれは「やめて」ということなのでやめてください。

膣攻めの醍醐味はいった後にあり

膣攻めをして「イク!」とか「無理」という言葉を得てから激しい攻めをすると女性は本当にいくことがあります。人によって違いますが、演技抜きで体が痙攣したりブルブルっと震えることがあるので実際に分かると思います。しかしそこで終えてはいけません。

実は女性の体はパチスロと同じ仕組みです。1回フィーバーしたら連発でフィーバーしやすいのです。なのでいったあと少し手を休め相手の呼吸が整ったら再度膣攻めを繰り返します。7割ほどいっている状態なのでそこから徐々に激しくするとすぐに2回目の絶頂に到達します。
この攻撃を何度も繰り返すことで女性に生き地獄を味合わせてみましょう。そしてこの連続フィーバーを味合わせることができたら相手から「この人うますぎる」と思わせることができるのです。

一度そういう印象を与えられることができたら脳が「エッチがうまい人」という認識をしてくれるのでちょっと攻めただけで満足する身体になっているということは多々あります。膣攻めの連続攻撃。ぜひお試しください。

潮を吹かせることができない

男性からよく「潮を吹かせることができない」という相談を受けることがあります。確かに女性がピシャ! と潮吹きをしたら男性冥利に尽きるというか、自分はエッチがうまいと誇ることができるかもしれません。

しかし、潮吹きというのは必ずしも気持ちいいという訳ではありません。これに関しては自身で潮吹きをしてみれば分かります。潮吹きを覚えたとしても結局オナニーの方が気持ちいいためあまり潮吹きをしないという人は多いです。
要は気持ちいいから潮を吹いている訳ではないということを覚えておいてください。潮吹きというのは男性のスキルどうこうというより女性の体質の方が重要だと思います。なので、潮を吹かせられることができなかったとしても悲観する必要はありませんよ!

今夜のオカズはお決まりですか?