感じていないときの女の特徴/女が感じるセックスとは

本当に女が感じるセックスとは?”フリ”をさせないためには、感じていない時の女の特徴を知ることが大切です。

感じていないときの女の特徴

感じてない女は下半身が動かない!

自分のテクニックで女性が心から感じてくれているのか、イキそうなくらい満足してくれているのか。男はこの漠然とした不安を抱えながら、毎回セックスに挑みます。でも同じくらいに女性も男性に気を使っています。

セックス中の女性の気の配り方は並みではないと思うくらいです。あからさまに無反応だったり直球で「全然気持ちよくない」と言われたことのある男性なんていないのではないでしょうか。そんな健気な女子たちを喜ばせるためには、感じていないことに気付いて修正すること。女の身体は感じていない場合、下半身が動きません

感じていれば下半身に違和感や快感が集中しているためムズムズし、もっと感じさせてほしい!という欲求が行動に表れます。しかし反対に動いていなければ感じるまではいかないというサインなのです。それが無いと気付いたときは、攻め方の改善・修正が必要です。

感じさせるにはどうすればいい?

時間を掛けて愛撫をしたけれど、一向に女性の反応が上がらない。喘ぎ声は出してくれるけど多分感じているフリなんじゃないか?…そう思ったときに挽回できるかどうかで、そのセックスの流れの良し悪しが決まってきます。

別に「失敗してはいけない」なんて意味ではありません。ただ単に人には得意なこと、不得意なことがあるから何か一つにでも自信があれば女性は応えてくれるということです。

一番シンプルな方法は、クリトリスや膣内など快感を感じやすい部位を集中的に触ること。もしこれで今までの反応とは違う、余裕の無い反応に変わってきたら大成功です。キスや胸を揉むといった行為も気分を高めるためには必要ですが、「感じる、イク」という観点からいえば不要な手順。

もちろんキスや胸への愛撫もちゃんとした上で反応が薄い、と悩んだときは、直接感じやすい性感帯へ手や舌を伸ばすのが効率的なのです。

今夜のオカズはお決まりですか?