朝セックスを成功させるテクニック/女が感じるセックスとは

女性がイマイチ盛り上がらない「朝セックス」。なぜ女性は朝セックスを拒んでしまうのでしょうか?原因と対策を伝授します。

朝セックスを成功させるテクニック

朝セックスは女性の大敵

男と女を比べてみると、一般的に性欲が強くセックスしたいと感じる頻度が高いのは男のほうが多いです。男性が誘い女性がセックスにOKを出してくれた時、ようやく二人とも同じくらい気分が高まった状態だと言えます。

普段もこのように男女でセックスに対する気分に差がありますが、比較的誘いやすく落としやすいのが「夜」という時間帯。暗いとムーディな気分になりますし、場とお酒の力が借りられることも多いからです。

しかしそれとは反対に「朝」は現実味が一番出る時間帯で、男女の意識の差が最も大きくなります。男が盛り上がっていても、女は一番冷たくなる時間なのです。これはなぜかというと、朝は女性としての準備が全く整っていないからです。

メイクも取っているし、髪もボサボサ。喉は乾いているし、トイレにも行きたい。彼の前で気になること、セックスより優先したいことが山ほどあるのです。

男からすればすっぴんでも気にしないよ!髪がボサボサでも良いじゃん!と思うかもしれませんが、女性はそんな状態の自分とでもセックスしたいって、ただ挿れて出したいだけなんじゃ・・・と逆に性欲発散の材料にされているようでちょっと引っかかるみたいなんですね。

朝にセックスするのが嫌、というよりは、準備できていない段階で誘われるのが無神経で嫌!といった感情の方が近いかもしれません。

朝セックスはニオイが気になる

よほど美意識が高すぎる女性でなければ、夫婦や長年付き合っているカップルであればすっぴんは当たり前のことだし、女性のほうも気になっていないと思います。しかしそんな親しい相手でも朝セックスに抵抗があるのは、もう一つ大きな理由があります。それは「ニオイ」です。

朝に気になるニオイとは、主に口臭とアソコのニオイです。夜寝る前どんなに綺麗に歯磨きをしていても、朝は寝ている間のネバネバや乾きからくる口臭が気になります。また、アソコも手入れをしていても7〜8時間ずっとショーツの中で蒸れていると考えると、ハイ舐めていいよ!と差し出すことはできません。

これは女性が自分のニオイが気になるのはもちろんですが、相手のニオイが気になって避けることも多いです。彼の顔が近づいてきたら嫌なニオイがした、フェラしてと言われたけどちょっとニオイが・・・という風に、男性側に自覚がないパターンもあります。直接ニオイがする、なんてなかなか言えませんしね。

毎回朝セックスを拒まれる男性は、もしかすると色々な意味でニオイに鈍感なのかも?

どうしても朝セックスしたいなら

女性の気分が乗らないといっても、休みの朝のあの雰囲気でセックスするのが良いんだよなぁ・・・そんな諦めきれない男性も多いでしょう。どうしても朝セックスをしたいなら、女性が拒む理由をなくしてあげれば良いんです。

女性がなぜ朝セックスが嫌いかというと、自分に自信がない、自分のニオイが気になる、相手のニオイが気になるの3パターンです。どれか一つだけ気になっている人もいるし、全部気になっている人もいる。だから拒まれそうな原因を全部潰してしまいましょう!

すっぴんで髪がボサボサ?それなら「このままだからしたいんじゃん」とナチュラルな姿を褒めてあげましょう。キスをしてくれない、服を脱がさせてくれない?それなら「一緒にシャワー浴びよう」と声を掛けてあげましょう。こうすれば女性は、シャワー中にこっそり洗ったり口をゆすいだりするでしょう。

しかもシャワーは最も効果的で、一旦裸になるのでエッチな感情が芽生えます。朝は雰囲気作りに弱い時間帯なので、こうして強引に雰囲気を作ってあげたほうが上手くいくのです。