本当に気持ち良いディープキスのやり方/女が感じるセックスとは

女性が無条件にディープキスが好きだと思ったら大間違い!下手なディープキスの原因と本当に悦ばれるディープキスのやり方を伝授。

本当に気持ち良いディープキスのやり方

舌を絡めるだけがディープキスじゃない!

ディープキスというと相手と舌を絡ませあったり相手の口の中に舌を入れたりする、深いキスのこと。色っぽくて愛も感じて、さぞかし女性はディープキスが好きなんだろうな、と思うかもしれませんが、実はディープキスが好きな女性はかなり少ないんです。

その原因としては、単に男のほうが正しいやり方を分かっていないから。ただ舌を入れたり絡ませたりすることがディープキスだと、多くの男性が勘違いしているからです。

キスの上手下手はテクニックというよりも「知識」です。前情報や知識がないと極めることもできない。特にキスはちょっとしたやり方の違いで気持ちよくさせられていないことがほとんどなので、一度感覚を掴めばすぐに自分でも変化を感じるはずです。

今まで気にしたことがなかったけど、言われてみればキスを拒否されたり耐えているような表情をしていたかも・・・と少しでも心当たりがあればすぐに改善しましょう。

下手なディープキスの特徴とは?

まず女性から気持ちよくない、気持ち悪いと思われるディープキスの特徴として「硬い舌でまさぐられる」「ぐるんぐるんすごいスピードで舐め回される」というものがあります。あります、というよりもこの2つが大半の原因といっても過言ではありません。

人の身体というのは、しっかり力を込めて触られると全然感じません。幼い頃くすぐりあいをしたことのある人は分かると思いますが、ああいうのはそーっと触るから皮膚がぞわーっとして感じるわけです。

それと同じで、舌や口の中を硬い舌で攻められたとしても、それは力の強さ的に愛撫というよりは攻撃に近いですからこちらも同程度の力で抵抗しなければならず、結果キスというよりはどつき合いのような事後感になってしまいます。これでは気持ち的にも物理的にも、全然甘い気分にはなれません。

今までのディープキスを思い返して、全てやってきてしまった・・・という男性も多いと思います。次で感じるディープキスの正しいやり方を伝授しますのでご安心を。

ディープキスでの正しい舌の使い方

それじゃあどんなところに気をつけたら、女性が喜ぶようなとろけるディープキスができるのか。それは、上で述べた下手なディープキスの「逆」を意識してすればいいだけです。ダメなキスが硬くて速いものでしたから、逆なら「柔らかくてゆっくり」になります。

キスはクリトリスなどの性器への愛撫と違って、そこを強く刺激してイカせるという直接的な性感帯ではありません。

どちらかというと口内は、物理的な気持ちよさと雰囲気を盛り上げるための半々の意味合いがある性感帯です。だから雰囲気の出るゆったりとした攻め方のほうが合っているんですね。

感覚的には、柔らかい果物を食べるときのようにねっとりと絡める感じ。女性からすれば、これは自分がゆっくりと食べられているような征服されているような気分です。キスに関しては、強くて速ければ感じる、という考え方は捨てたほうが良さそうです。

今夜のオカズはお決まりですか?