感じる乳首の舐め方/女が感じるセックスとは

乳首は上半身一の性感帯だと言われています。ただの赤い突起だと思うなかれ、攻め方・舐め方にはコツがあるのです。

感じる乳首の舐め方

乳首は上半身の”性器”と思え!

突然ですが、胸と乳首は別物だと思ってもらっても良いと思います。「気分が高まる胸の揉み方」のページでも述べていますが、乳首以外の脂肪部分に関しては揉んでもさほど気持ちよくはありません。

ある程度経験を積むと、乳首の時だけ強く反応されるから最初から乳首だけ狙おうとし始めますが、それはそれでかなり嫌われます。乳首は上半身に付いてはいますが、感度的には性器に近いものがあります。そして時には性器よりも、良い意味でも悪い意味でも敏感

生理前中後など体調によってはもちろん、その日やその時の気分によっても触られて良いときと悪いときがあるのです。乳首を触られてイライラされたり払われたりするときは、少し触れるのが早い恐れがあります。

乳首を触ったとき相手に拒まれたり、なぜかノリ気でないと思ったときは、「焦るなまだ早い」の合図かもしれませんね。

乳首攻めの基本は「転がすこと」!

女の身体で感じやすさにランキングを付けるとするなら、クリトリスとGスポットなどの膣内の次に「乳首」が登場するのではないでしょうか。色々な神経が集まっている敏感な部分なので、開発し尽くせば乳首だけでイクという女性もいるほど、セックスでは重要な性感帯と言えます。

胸を揉んで乳首を摘まんで舐める。大雑把にいえばこれが胸愛撫の流れなのですが、指で弄るときも舌で弄るときも、基本は「転がす」ことが効果的です。

指で転がすときは指一本であらゆる方向に倒したり、親指と人差し指などで挟んでクリクリしたりしますが、舌の場合は舌で上下左右と弾くように転がします。乳首にある程度の長さがあれば、完全にパクリと咥えてから舌先でコロコロ転がしてもかなり感じてくれます。

クンニもそうですが、指と舌では全然感覚が違います。同じコロコロでも、舌でやってもらったほうが、女からすれば物理的にも精神的にも大満足できるのです。(指が悪いとは言いませんが)

今夜のオカズはお決まりですか?