女子は中でイキたい!中イキのためにすべきこと/女が感じるセックスとは

女性だってセックスで悩んでる!中でイケないのはなぜ?中イキやセックスについて彼に相談してもいいものなの?

女子は中でイキたい!中イキのためにすべきこと

気持ちいいとイクの間の壁ってなに?

彼とのセックスは気持ちいいのに、なぜかイケない。気持ちいいのにイケないのがもどかしい。セックス自体が全然気持ちよくないカップルよりも、断然こちらのパターンのほうが多いです。それはなぜか?

いくつか可能性がありますが、気持ちいいセックスをしていると男性の方に早く限界がきてしまい、女性がイクまで保たないというのが一番多いと思います。

でもいくつか可能性があると言ったように、時間を掛けたらイケるとも限りません。いくら気持ちよくてもその時間が長くなりすぎると、反対にお互い疲れてきて気分が下がり、余計にイキどころを失うからです。

なので根本的なイクイケないの壁は、やはり「男性側の知識・テクニック」「女性側の感度」によるところが大きいです。

この2つを並べてみると、もしセックス自体がちゃんと気持ちいい場合「女性の感度のせいなのでは?」と女性を疑う流れになってしまいがちです。しかしほとんどの場合は女性の感度は十分機能しているから気持ちいいのであって、残念ながら足りないのは「男性側のテク」ということになります。

が、これもそのままの意味では語弊があって、男性側のテクが足りないということではなく「雰囲気が整っていない」と言った方が正しいです。つまりお互いにほぼ完ぺきなのに、最後の一歩を踏み出す継続力や知識が足りていないだけなのです。

男性は知識を、女性は身体を磨く

イクイカないは、壁を一枚隔てて同居しています。その壁さえ突き破ればイケるのですが、そのためにはお互いが壁を壊すために努力し合わなければいけません。

まず男性の役割は、女性の体とイクために何をすればいいかの知識を付けることです。女性はある程度気持ちよくなるとそのポイントを同じ力と動きで責め続けてもらうことで達します。そこで体位を変えるようなことは、知識があればしないでしょう。

このように男性は、どうやったら女性がイケるのかを調べ、セックスの度に改善するよう心がけます。

一方女性の役割は、自分の体をイキやすいように磨くことです。セックスを気持ちいいと感じている場合感度は申しぶんないですが、少しでも中でイク感覚に近いものを掴めれば本番で成功する可能性が高まります。

最初はとても恥ずかしいと思いますが、膣に入れられるタイプの女性用大人のオモチャを買って使ってみます。ただのセックスも最初は痛いだけだったように、何度も刺激を受けることで今のように感じられるまでに成長したはずです。なのでイクのも慣れ・成長の一つなんです。

彼とのセックスで足りない分は、自分一人で補う。要は宿題みたいなものですね。心配しなくても大人のオモチャはたくさんの女性がこっそり使っていますし、一人エッチでも大活躍するので、一つ持っておいても損はありませんよ。

女性が彼にセックスを相談するコツ

中イキには彼の協力が必要なことは分かりました。しかし問題なのか彼が今のセックスに特に不満を持っていない場合です。ほとんどの男性は女性を悦ばせたい、イカせたいとは思っているけど、実際自分がイッた後に彼女がイクまでしつこく粘ってくれる人は多くありません。

女性から彼にセックスのコトを相談するとき、タイミングは「セックス前か最中」が最適です。少なくとも普段のエッチな雰囲気になっていないときや、セックスが終わって彼が疲れ切っているときは避けましょう。

彼の気分が盛り上がっているときなら、多少緊張して真面目な言い方になったり上手く伝えられなかったりしても大丈夫です。

伝え方は、中でイッてみたいんだけど・・・と直接的な言葉を言うのではなく「これ気持ちいいからたくさんやってほしい」とか「すぐにはイケないかもしれないけど、いつもコレされたら気持ち良くて・・・」と自分が特に気持ちいいと感じる責めを重点的にやってもらうようお願いするのです。

できれば後者のように「もしかしたら中でもイケるかも・・・」という風に今まで中でイッたことがないことをさりげなくバラす言い方をしてみましょう。実は、と改まると彼はショックを受けますが、さらりと他の言葉と混ぜて言うと角が立ちません。

男性も心は繊細ですから、褒めるのと同時にお願いするくらいのオブラートが必要でしょう。

今夜のオカズはお決まりですか?