セックスは優しくすればいいってもんじゃない!?/女が感じるセックスとは

女性を思って優しくしていたつもりが、実は不満の原因に!?本当に女性の心と身体を満足させるセックステク・責め方とは?

セックスは優しくすればいいってもんじゃない!?

優しさと物足りなさは紙一重

女性が好きな男性のタイプで殿堂入りすら果たしているかもしれない「優しい人」。そりゃ優しくないよりも優しいほうがいいに決まっていますが、優しいだけの人があまりモテないように、セックスでも少しひねりやパンチがあったほうが満足してもらいやすいんです。

セックスでの優しさは、気遣いや力の加減だったりすると思いますが、気遣いすぎたり加減しすぎたりするとそれは途端に「物足りなさ」に変わってしまいます。そう、優しさと物足りなさは紙一重なんです。

同じ強めの攻めでもAVから学んだような激しいものを気持ちいいんだろ?と披露するのは自分勝手ですが、痛がらないようにと思いやった上で少し強い責め方にチャレンジしてみるのは逆に思いやりです。

セックスは男性がリードすることが多いけれど、根本的には2人で良くしていくもの。自分だけでどうにかしようとせず、女子の意見を素直に聞きながら向上していきましょう。

愛撫で一回イカせてあげよう

上記よりも直接的に有効な解決法は、とりあえず愛撫で1回イカせてあげて満足させるという方法です。女性の多くは中でイケないで終わることが多く、中でイケないこと自体はあまり不満に思わないのですが、イケなかったという物足りなさは残ります。

中でイケるように努力してみるのも大事ですが、そればかりになるとイケない不満が毎回溜まっていきセックス自体が楽しめなくなる恐れもあります。

女性が比較的簡単にイケるのはクリトリス。指でもクンニでもどちらでも可ですが、クンニでイカせたことがあるならクンニのほうでイカせてあげることをおすすめします。

1回イクと満足するだけでなく、その後挿入したときに快感が増すと言われています。男でもイクとアソコが敏感になりますが、女性にもあの感覚と同じような現象が起きるわけです。

ただし、あまりに早くイカせてしまい挿入までの時間が空くと女性側の気分が冷静になってしまう場合があるので、なるべく挿入直前を心がけましょう。

今まで×1.5倍を目安に責めよう

女性が物足りないと思う理由は、イケなかったからというよりも刺激の弱さや時間の短さにあります。イケなくても十分に愛情と刺激をもらえたら、それで満足できるんです。

優しいセックス、思いやったセックスに気をつけていたつもりが物足りなさも一緒に付いてきてしまった・・・。でもこれはしょうがないことです。いくら愛する彼女でも奥さんでも、自分じゃない他人の身体なので全ての望みを叶えてあげることはできません。

だからざっと目安をつけるとしたら、今までの1.5倍程度のパワーと長さで責めるよう心がけてみましょう。それが正解かどうかは分かりません。ですが、今の弱すぎるものから0.5上がったくらいでは女性の身体は悲鳴をあげないので大丈夫です。

痛かったら言ってね、の一言があれば、女性が自ら教えてくれます。思いやりがある限り、強すぎるものを弱めることはできます。だから、勇気を持って激しめに挑戦してみてください。

今夜のオカズはお決まりですか?