感じるクリトリスの触り方/女が感じるセックスとは

そもそもクリトリスでイカせるには、感じるクリトリスの触り方を知っておかなくてはいけません。具体的な指の使い方など詳しく解説!

感じるクリトリスの触り方

クリトリスを触るときの位置

皮があったり勃起したり、まるで男のアレと瓜二つなクリトリス。大きさが違うため手で包んで刺激する、ということはできないので、指先でクルクルと回して刺激する方法が一般的です。

刺激をする指は中指がおすすめで、人間の指の中で最も長いことや力が入りやすい、細かい動きがしやすいことなどから性器への愛撫はほぼ中指中心に行われています。

まずクリトリスを触る際の位置としては、女性の背中側に回り背中にくっつくようにしてスタンバイします。そして利き手は性器、反対の手は胸に置きます。なぜ背中側から攻めるかというと、手のひらを性器に沿わせやすいからです。

対面して指で弄ろうと思うと角度的に手首が辛くなってきますし、自分は後ろに隠れて手や指だけが身体をまさぐっているほうが女側も興奮しやすい。中指をクリトリスの上に当て、皮の上からゆるゆると動かしましょう。

するとだんだん膣から愛液が溢れてきますから、それを塗りつけて触るとより強い快感になります。

クリトリスには表裏がある

男性器に裏筋というものがあるように、クリトリスにも表裏があります。クリトリスは男性器のように棒状になっているわけではなく、馬蹄の形(∩←こんな形)をしています。

上側は同じ形の皮が被っているため動かすと皮オナのようになり気持ちいいのですが、反対に裏から上へ擦ってしまうと痛みが走ってしまいます。

例えば上唇のように、クリトリスの上部は皮膚ですが、めくると赤い粘膜が見えます。よく飴を舐めすぎると舌が痛くなったりしますが、それと同じように粘膜を強く擦るとピリリとした痛みになってしまうのです。

ただおもむろに固い部分をこねくり回せばいい、ということではなく、触り方の角度をちゃんと頭に入れておく必要があります。具体的なテクニックを忘れてしまったときでも、下からではなく上から触ることだけは覚えておいて下さい。