クリトリスの場所と仕組みを知ろう/女が感じるセックスとは

テクニック向上には、男が女の身体を知っておく必要があります。クリトリスはどこにあってどうなっている?どんな変化が起こる?

クリトリスの場所と仕組みを知ろう

クリトリスの特徴と場所

クリトリスは膣口の上にある突起のことで、それ自体は妊娠や出産などに直接関係がないため、完全に「快感を得るためだけ」に存在しているといっても過言ではない部位です。

快感を感じる部位といえば男性の性器ですが、排尿やその他の役割がある男性器とは異なりクリトリスは”快感特化”。ただ男には女がクリトリスでイッたときの感覚は分からないので、オナニーでイッたときの感覚と似たようなものだと思っていればいいでしょう。

女性を仰向けに寝かせたとき、膣口があってその上に半分皮を被ったたけのこのような形のものがあれば、それがクリトリスです。女性によって完全に皮で覆われていたり、最初から剥けていたり様々ですが、性器部分の最も上にあるとだけ覚えておけば必ず見つけられます。

クリトリスは男性器と同様、刺激を与えられたり興奮してきたりすると勃起します。触っているうちにふにゃふにゃからコリコリといった感じで固さが変化します。男でも持っているものに当てはめると、なんとなく女にとってのクリトリスの重要さというのが分かってきますね。

クリトリスが刺激を受けると…?

上記で説明したように、クリトリスが刺激を受けると芯をもって固くなってくるのが分かります。しかし変化するのは触った部分だけではありません。例えば男も性器を触っていないのに、キスだけで勃起したりしますよね。それと似た現象で、直接触っていなくても興奮すれば身体の各部分が反応するのです。

女の場合顕著に変化するのは「 」。クリトリスを触られ感じてくると、膣に指を沿わせたときヌルリとした愛液を感じることができます。濡れやすい濡れにくいはあるものの、これが感じているというサインなのです。

雰囲気を良くして、キス・ハグして愛撫をして挿入。セックスに流れがあるのは、このような身体のつくりがあるからなんですね。まず気持ちいいところを触って濡らせて、入りやすくほぐしてから挿入。クリトリスは挿入とも密接な関わりがあるのです。