奥で感じさせたいならPスポットで/女が感じるセックスとは

中イキさせられる男とさせられない男の違いはなに?女の性感帯Gスポットを攻略してたっぷりと中で感じさせよう!

奥で感じさせたいならPスポットで

性感帯はGスポットだけじゃない

女性の膣内にある性感帯で、最も有名なのはGスポットでしょう。膣内は簡単に言うと筒状になっていて、手前、中間、奥でいえばGスポットは手前〜中間あたりです。中指の第二関節が膣口にきたあたりで止めて、指の腹が当たるくらいの場所です。

でも、有名なGスポットが手前〜中間の位置なんですよね。じゃあその奥の中間〜奥のゾーンは、何もないのか。いいえ、ここで登場するのが「Pスポット」なんです。

PスポットはGスポットよりは有名ではないというか、女性によっても好き嫌いが分かれる場所でもあるので一般的ではありません。とはいえ、もっと深いセックスをするならPスポット攻略は必須ポイントです。

PスポットのPとは「ポルチオ」です。ポルチオとは子宮口に近い部分にある性感帯のことで、場所は手前、中間、奥でいえば間違いなく奥になります。

先ほども少し述べたように、Pスポットは女性にとって痛みを感じやすい場所なので好き嫌いが分かれます。ですがしっかりと正しい方法で責めてあげれば、多くの女性が感じられるようになる部分です。つまり、男性側の力量が問われるということですね!

Pスポットで感じさせるための準備

ざっくり言えばですが、膣は奥にいけばいくほど感度が高くなります。感度とは気持ちよさだけではなく痛みも含まれます。とはいえ本当にそれはざっくりした説明で、奥は奥でもPスポットから外れていると何かが入ってることすら気付かない、そんな鈍感な部分も多いです。

GスポットもPスポットも、スポット(点)という名前は付いていますが、ポイントではなくそこ一帯の「エリア」といったほうが正しいです。なのでそこを突いたりするよりは、優しく揉む、擦るといった面を意識した動きのほうが本来の感度を引き出すことができます。

女性は興奮すると濡れるといいますが、これは興奮すると膣が受け入れる準備を始めるからです。女性は感情でセックスする、これは脳内だけの話ではなく身体の反応にもダイレクトに現れるのです。

Pスポットで感じさせるための準備とは「女性をエッチな気分にする」こと!手マン・指マンでほぐせばいい、これも間違いではないんですが、それよりもキスやハグ、胸への愛撫、クリトリスへの愛撫など膣以外への愛撫を丁寧に行った方が効果が高いです。

Pスポットを責めてみよう

膣を責める主な方法は、指で触る、男性器(ペニス)で突く、バイブなどの玩具を使う、の3つです。しかし比較的手前にあるGスポットと違いPスポットは膣の奥にありますから、どの方法も割とギリギリで難しいです。

Pスポットでイカせることを最終目標にするならば、まずPスポットで感じさせないといけません。

Pスポットの特徴をまとめてみると、奥が深いので届きにくい、痛みを感じやすいといったところでしょうか。届くためには長いもの、そして痛みを感じさせにくくするためにはピンポイントではなく先の丸いもの。となると、最適なのはあなたの「ペニス」です。

ペニスはある程度長く丸みがあり、なおかつほどよい弾力で柔らかいです。届かせるだけならバイブのような玩具でもアリなのですが、弾力や柔らかさだけは再現できません。

ただ、全員が全員ペニスがちょうどいい大きさなわけではないですよね。サイズに自信がない人は、正常位の場合女性の足を両側にできるだけ広げて挿入したり、女性の体重を利用できる騎乗位で奥深くまで差し込むという方法を試してみて下さい。